カードローンを利用する際の全ての手順について

使う

キャッシング会社の選び方から完済するまでの全手順を紹介

カードローンを利用する際に、キャッシング会社を選ぶことになりますが、キャッシング会社の選び方や、審査の内容、利用方法などについては知らないという人も多いと思われます。

今回は、カードローンを利用しようと考えている全ての方に向けて、カードローンに関する全ての手順について詳しく紹介していきます。

キャッシング会社の選び方

日本には様々なキャッシング会社が存在しています。大手のキャッシング会社だけでも5社~10社ほど存在していて、中小のキャッシング会社を含めると100社を超えると言われています。

そのため、どのキャッシング会社を選べば良いのか分からないという人も多いと思われますので、こちらではキャッシング会社の選び方について紹介していきます。

テレビCMや広告から選ぶ

現在の日本では数多くのテレビCMが放映されています。その中には大手のキャッシング会社もいくつか含まれていますが、消費者金融系のキャッシング会社という意味では5社~6社程度しかテレビCMは行われていないとされています。

テレビCMで見かけるキャッシング会社というのは必然的に大手のキャッシング会社ということになるのですが、大手のキャッシング会社というのは利便性に優れているのが特徴的です。

その他にも、様々なキャンペーンや特典などが付与されることも多くなっていて、提携しているATMも多くなっているために日常的に使いやすいカードローンということにも繋がります。

ネットの口コミを見て選ぶ

キャッシング会社を選ぶ際に、インターネット上の口コミサイトなどを比較してから選ぶという方も多いです。審査の通りやすさやカードローンの使い易さなどを比較する際に口コミなどを参考にするという方も多いと思われます。

また、大手のキャッシング会社だけではなく、中小のキャッシング会社などの利用を考えている際には、大手のキャッシング会社のように大々的に宣伝をしていないために、ヤミ金業者ではないのかと不安を感じる人も多いと思われますので、中小のキャッシング会社を利用する場合には、インターネット上の口コミを参考にするというのも有効な手段ということになります。

とにかく早く借り入れができるキャッシング会社を選ぶ

消費者金融系のカードローンの代表的なメリットとしては、申込みから借り入れまでが早く完了するということが挙げられます。

手続きがスムーズに行われれば申込みをしてから30分~40分程度でローンカードを発行してもらえることも珍しくありませんので、緊急時に現金が必要な際には有効な手段ということになります。

しかし、一般的に即日融資が可能なのは消費者金融系のカードローンとなっていて、総量規制の対象外となっている銀行系のカードローンやクレジットカード系のカードローンに関しては審査や手続きなどで時間が掛かるケースも多くなっています。

そのため、借り入れまでの時間を優先してキャッシング会社を選ぶ場合には、消費者金融系の大手キャッシング会社を選択すると良いでしょう。

借り入れ方法や返済方法で自分にメリットが多い会社を選ぶ

一口にキャッシング会社と言っても、日本には様々なキャッシング会社が存在していて、大手のキャッシング会社だけでも10社近く存在すると言われています。

大手のキャッシング会社を選ぶ場合は利用方法などについては、どこも大差ないということになっていますが、提携しているATMや返済のシステム等が多少異なるということも珍しくありません。

例えば、提携しているコンビニATMに関しても、自分の行動範囲内に存在しないコンビニと提携しているキャッシング会社は、自分にとってのメリットが少ないキャッシング会社ということになります。特にコンビニの出店に関しては地域によって大きく異なるのが特徴となっていますので、自分にとってのメリットが大きいキャッシング会社を選ぶようにすると良いでしょう。

特典やキャンペーンなどのサービスで選ぶ

キャッシング会社のカードローンプランの中には、特典やキャンペーン等で利用者にメリットの大きなサービスを提供している業者も存在しています。

最も多い特典のパターンとしては、「無利息期間を付与する」といったサービスになっていて、無利息期間を利用すると、一定の期間内なら利息が発生しないというサービスになっているために、借りた金額をそのまま返済するだけとなっています。

その他のキャンペーンとしては、友達を紹介することによって商品券や現金などをプレゼントしてくれるキャッシュバックキャンペーンなどが存在しています。このキャンペーンについては、大手のキャッシング会社では、ほとんど行われていないキャンペーンとなっていますが、中小のキャッシング会社を中心として展開されているサービスとなっています。

貸付金利や毎月の返済額で選ぶ

一般的に貸付金利が低ければ毎月の返済額も少なくなるということになります。そして、貸付金利が低く設定されているのは、消費者金融系のカードローンよりも銀行系のカードローンとなっていることが挙げられますので、貸付金利や毎月の返済額でキャッシング会社を選ぶのなら、銀行系のカードローンを選択すると良いでしょう。

ただし、銀行系のカードローンについては、特定の条件をクリアしていないと即日の利用ができないケースも多くなっていますので、今すぐ現金が必要という方の場合は利用しないほうが良いでしょう。

銀行系のカードローンの特徴としては、その銀行の口座を持っている場合はカードローンの利用開始までの手順を省略することも可能になっていますので、まずは自分が日常的に使っている銀行口座をチェックして下さい。

カードローンの申込方法について

カードローンの申込方法については、店頭で申し込みをする方法から電話やFAXなどを使用して申し込みをする方法まで様々な手順が用意されていることが多いです。

キャッシング会社によっては、インターネットからの申込みのみ対応しているというような業者も存在していますので、自分が申込みをしたいキャッシング会社がどのような方法を用意しているのかということを予めチェックしたほうが良いでしょう。

一般的に大手のキャッシング会社なら、全ての申込方法を用意していることが珍しくありませんので、自分の状況に合った申込方法を選ぶことが可能になっています。

店頭窓口で申し込みをする

カードローンの申込方法として古くから存在するのが店頭窓口で申し込みをするという方法になっています。この方法は中小のキャッシング会社を利用する際の申し込み方法としてポピュラーな手法になっていますが、大手のキャッシング会社を利用する場合は有人の店頭窓口が無人の申込み窓口と比べると圧倒的に少なくなっているために利用されるケースが少ないのが特徴的です。

店頭窓口の場合は、営業時間も無人契約機と比べると短くなっていて、土日祝日なども営業していないことが多いために、電話やインターネットからの申込みが多くなっています。

電話から申し込みをする

一昔前までは電話からの申込みが主流となっていました。携帯電話や固定電話だけではなく、公衆電話などからでも申し込みをすることが出来るために、外出先や自宅でも申し込みをすることが可能です。

近年では携帯電話から申し込みをする人も多いですが、それよりも多いのがスマートフォンやパソコンなどのインターネットにアクセスすることが出来る端末から申し込みをする人が多くなっています。

その理由としては、空いている時間に申込みを完了することが出来るために、時間を有効的に使用することが出来るということが挙げられます。

パソコンを使って申し込みをする

近年では、1家に1台という感覚ではなく1人に1台という状況でパソコンを持っている方が多くなっています。そして、外出先でもモバイルルーターやフリーアクセスポイントなどによってインターネットにアクセスをすることが出来るために、インターネットからカードローンの申し込みをする人が増えてきました。

また、大手のキャッシング会社を始めとして、インターネットからの申込の場合は24時間対応が可能なキャッシング会社が増えてきましたので、自宅でパソコンを通じてインターネットから申し込みをする人が増えています。

携帯電話やスマートフォンを使用して申し込みをする

カードローンの申し込みが可能な20歳以上の方の99%以上が携帯電話やスマートフォンを所持していると言われています。そして、大手のキャッシング会社の場合は携帯電話やスマートフォンから通話やインターネットを通じて申し込みをすることが可能になっていますので、外出先で急に現金が必要になった際にもすぐに申し込みをすることが出来るということから、携帯電話やスマートフォンを使用して申し込みをする人が多くなっています。

ただし、中小のキャッシング会社の場合は、インターネットからの申込みのみという場合や、店頭窓口での申込みのみの対応となっているケースも存在していますので、必ずしも携帯電話やスマートフォンから申し込みができるということではありませんので注意して下さい。

郵便やFAXを利用して申し込みをする

あまり利用されない申込方法になっていますが、キャッシング会社によっては郵便やFAXなどを利用して申し込みをすることも可能になっています。

申込用紙に記入をして指定された住所またはFAX番号に送信をするという手法になっていますが、近年では郵便やFAXでカードローンの申し込みをする人も少なくなっているために、大手のキャッシング会社を除いてこの方法で申し込みができるケースが少ないのが特徴になっています。

カードローンの審査について

カードローンを利用しようと考えている人で、一番気になるのが「どのような審査が行われるのか?」ということだと思われます。

こちらでは、3つの行程に分かれている審査の全容を紹介していきます。

一般的な一次審査について

カードローンの審査について、一次審査というのはどこのキャッシング会社でも「書類審査」となっています。キャッシング会社の中には一次審査の前に仮審査を設けているようなところも存在していますが、一般的に一次審査というのは書類審査のことを指しています。

住所や氏名、年齢に年収、勤め先に家族構成などの個人情報を記入して申込みをした時点で一次審査が開始されるということになります。一次審査というのは通過しやすいのが特徴的ですが、キャッシング会社が設定している条件をクリア出来ていない場合には書類審査の時点で弾かれることになります。

例えば、信用情報機関のブラックリストに記録されている場合や、貸金業法の総量規制に引っ掛かってしまうような場合には一次審査に通過することが出来ませんが、条件をクリアしている場合には、二次審査に進むことが出来ます。

口頭で行われる二次審査について

二次審査のほとんどは口頭で行われる審査ということになります。中には「WEBで完結」というようなキャッシングプランも用意されていて、二次審査が免除になっているようなキャッシングプランも存在していますが、一般的なカードローンのプランでは二次審査が口頭で行われるということになります。

あくまでも口頭での審査ということになりますので、電話もしくは対面での審査ということになります。審査の内容としては一次審査の際に記入した申込用紙の内容を確認するということになりますので、それほど難しいということではありません。

簡単にいえば、一次審査の内容に誤りが無いのかということを確認する審査でもありますので、申込用紙に嘘の内容を記入した場合には二次審査に通過することが出来なくなってしまいます。

審査後には在籍確認が行われる

二次審査が完了した際に、最後に行うのが在籍確認となります。在籍確認というのは、申込者の勤め先に連絡をして、本当に在籍しているのかということを確かめる行為となっています。

中には嘘をついて大企業に勤めているという内容で申し込みをする人も多いので、それを防ぐために行っています。在籍確認では、キャッシング会社の名前を伏せて、個人名で問い合わせをしてもらえるので、勤務先にカードローンを利用していることがバレてしまうという危険性はありませんので安心して下さい。

在籍確認が完了すれば、審査については終了ということになります。

審査通過後の借り入れ方法について

審査に通過後はカードローンを利用するためのカードが発行されます。消費者金融系のカードローンの場合は、借り入れをする際にローンカードを利用して借り入れをすることになることが多いですが、今すぐに現金が必要だという場合には、審査通過後に会員専用ページから指定の銀行口座に振り込みをすることによって借り入れをすることも可能になっています。

中小のキャッシング会社の場合は、振り込みでの借り入れのみとなっているケースも多くなっていますので、即日で利用を開始したいという場合には、金融機関の営業時間なども考えて申込みをすると良いでしょう。

審査に通過するとローンカードが発行される

カードローンの審査に通過することが出来れば、ローンカードが発行されることになります。大手のキャッシング会社の場合は、借り入れをする際に、無人契約機や店頭窓口でローンカードを受け取ってから利用を開始するということが一般的な流れとなっています。

しかし、近場に無人契約機や店頭窓口が無いという場合には、郵送でローンカードを受け取ることも可能になっていて、ローンカードを受け取るまでに借り入れをしたいという場合には上記でも紹介したように、インターネット上から会員専用ページにアクセスをして、指定した口座に入金をすることによって借り入れが完了するということになります。

中小のキャッシング会社の場合は、審査に通過してもローンカードが発行されないケースが多くなっていますので、審査通過後に必ずしもローンカードが発行されるということではありませんので注意して下さい。

店頭窓口で借り入れをする

店頭窓口の数が少ないということもあり、店頭窓口で借り入れをするというケースは少なくなっていますが、カードローンの審査に通過した場合は、店頭窓口でも借り入れをすることが出来ます。

その際には、ローンカードを提出して、いくらの借り入れをするのかという書類に記入するだけで簡単に借り入れをすることが出来るようになっています。

また、いつでも借り入れができるフリーカードローンだけではなく、借り換えローンやおまとめローンのように、高額の借り入れをする場合には、店頭窓口のみでの対応となっているケースも多くなっています。

提携ATMやCDを利用して借り入れをする

最も多くの方が利用しているのが、キャッシング会社が提携しているATMやCDを利用して借り入れをするという方法になっています。この方法は、コンビニや金融機関などの提携しているATMにローンカードを使用することによって借り入れができるという仕組みになっていて、基本的にはATMが稼働している時間ならいつでも借り入れができるというメリットがあります。

会員サービスから指定口座に振り込みをして借り入れをする

近年ではネットバンキングやネットバンクも多くなってきたために、カードローンの借り入れに関しては若い世代を中心としてインターネットから会員専用ページにアクセスをして指定口座に振り込みをして借り入れをするという方が多くなってきました。

このサービスのメリットとしては、近場に提携しているATMが無いという場合にオススメの方法となります。また、ネットショッピングやネット上で買い物や予約などをする際に銀行から振り込みをするという場合には、現金として手に入れるよりも直接銀行口座に入金したほうが手続きも楽になるというメリットが存在しています。

また、キャッシング会社が提携している金融機関への振込の場合は振込手数料や借入れに関する手数料が無料になるというケースも少なくありませんので、手数料を節約するために、この方法で借り入れをするという人も多いのが特徴になっています。

返済方法について

カードローンで借り入れをした際には返済をしなければいけません。返済をする際には利息が発生していますので、借り入れをした金額以上に返済金額が膨れ上がるということになりますが、1回で完済するのではなく、数十回に分けて返済をすることも可能になっていますので、1回あたりの返済額に関しては、それほど大きな金額にならないのも特徴的です。

店頭窓口で返済をする

カードローンの返済をする際に、毎月店頭窓口で返済をするという方は少ないのが特徴的です。店頭窓口の数が少ないというのも理由の一つになっていますが、店頭窓口で返済をしなくても、提携ATMなどで返済をすることが可能になっているために、返済のしやすい方法で返済をすることが可能です。

しかし、最後の返済時には、1,000円未満の端数が発生することになりますので、ATMではなく銀行振込や店頭窓口で返済をするということになります。

提携ATMからローンカードを使用して返済する

いつでもどこでも返済をすることが出来るために、キャッシング会社が提携しているATMからローンカードを使用して返済するという方は多いです。旅行や出張などで日常的に使用している銀行口座が近くにないという場合でも、提携しているATMならどこにでもあるということになりますので、この方法で返済をするという方が最も多くなっているのが特徴となっています。

銀行から振り込みをして返済をする

カードローンの返済では、銀行口座からキャッシング会社の返済用口座に入金をすることによって返済をすることも可能になっています。振り込みでの返済に関してのメリットとしては、1円単位の返済が可能ということと、インターネットバンキングなどを利用していると、外出先でもスマートフォンや携帯電話から返済をすることが出来るということになります。

また、場所を選ばないのならインターネットカフェなどからもアクセスをすることが出来るために、利便性に優れているのが特徴となっています。

銀行口座を登録して自動引き落としにする

返済期日になって、提携しているATMに行く暇が無いかもしれないという方には、銀行口座から自動引き落としにしてくれるシステムを採用しているキャッシング会社がオススメです。

これは、光熱費や携帯料金の支払いと同じように、毎月の返済日になると一定の金額が銀行口座から引き落としされるというシステムになっていて、返済日を忘れていても安心できる仕組みになっています。

ただし、自動引き落としの申し込みをする場合には、カードローンの契約後に別途で自動引き落としの登録をしないといけないので注意して下さい。

完済および完済後の手続きについて

カードローンで借りていた金額を完済すれば一時的に契約が完了ということになりますが、完済すると、新たに借り入れをしたい場合に再度申込みをしなければいけないということはありません。

中小のキャッシング会社の場合は、完済後に借り入れをしたい場合に、再度申込みをするという流れになっていることが多いですが、大手のキャッシング会社の場合は、ローンカードをそのまま保持するということになりますので、利用限度額に変更がなければ、そのまま使用することが可能になっています。

ただし、完済後に仕事を辞めたり転職したりした場合には、キャッシング会社に報告をするという義務が科せられることも多いので注意して下さい。

完済時の返済は店頭窓口または振り込みにて行うことになる

カードローンの返済では、提携ATMを利用するという方が多くなっています。また、銀行振込からの返済に関しても、最後の返済までは区切りの良い金額を返済するという方が多くなっていますが、完済時の返済については1円単位の端数が出ることも珍しくありませんので、完済時の返済に関しては1円単位の返済が可能な店頭窓口または銀行振込からの返済をする必要があります。

提携ATMからの返済の場合は、1,000円単位での返済しか出来ないというケースが多くなっていますので、1,000円未満の返済をしたいという場合には、店頭窓口または銀行振込からの返済が必要になるということになります。

また、キャッシング会社によっては返済の際に手数料が発生することもありますので、手数料の金額を忘れないように完済して下さい。

ローンカードの破棄は店頭窓口で行う

カードローンを完済した際に、ローンカードを破棄したいという方も多いと思われます。ローンカードの破棄自体は、シュレッダーなどで破棄すれば個人情報についても安心することが出来るかもしれませんが、再度カードローンを利用したいという場合に面倒なことになります。

そのため、ローンカードの破棄については、店頭窓口で申請すれば完全に破棄してくれて、契約情報についても破棄してもらえますので、安心することが出来ます。

ただし、一度破棄してしまうと、次にカードローンを利用したい場合は初回の契約からとなってしまうために、返済の際に築いた実績や利用限度額についてもリセットされてしまいます。そのため、また利用する可能性があるのならローンカードを破棄しないで保管しておくことをオススメします。

完済後に利用限度額がアップすることもある

カードローンというのは、利用者にとって完済すれば完了ということになるのですが、完済後に利用限度額がアップするということがよくあります。これは、一度完済したことによってキャッシング会社からの信用を得ることが出来たということにも繋がりますので、完済後に利用限度額がアップするということは多いです。

また、利用限度額のアップについては、返済期日を守って返済を続けていれば、契約中でもアップするケースがありますので、利用限度額をアップさせたいという場合には、キチンと返済を続けることが最も大切な要素となっています。

完済後は手続きが必要ない状態で再利用することが可能

大手のキャッシング会社を利用していた場合、完済後はローンカードの返却を求められません。そのため、ローンカードは手元に置いたままとなるのですが、再度カードローンを利用したいという場合には、そのローンカードを利用して借り入れをすることが可能になっています。

基本的には、転職した際や仕事を辞めた際などに、収入が変動した場合にキャッシング会社に通知する義務が発生するのですが、中には会社を転向したにも関わらずローンカードを使い続ける人も多いです。

ただし、中小のキャッシング会社の場合は、ローンカードが発生しないということになりますので、再度利用したい場合には、もう一度申し込みをするということになります。それでも、一度目の利用時にキチンと利用していたのならば、実績を作っているので借りやすい状態で借りることが出来ます。